Vol.1 『ガンダム登場』




このマンガの物語は、宇宙世紀0079、
地球連邦軍の『V作戦』の実態を探るべく
宇宙都市コロニー『サイド7』に派遣された
ジオン公国の隠密部隊の行動から描かれています。



その「サイド7」で暮らす、メカマニアの青年アムロ・レイ
彼が、この物語の主人公です。





左側のパンツ姿で丸い物体いじってるナイスガイが、そう。

迎えに来た子は、幼なじみのフラウ・ボウ




軍からの命令で、近くの避難場所に移動するアムロたち…




『ひみの ひへの ひほはひは?』

パンくわえてしゃべると、何言ってるか分かりませんね。

アムロ、お行儀わるいわよ?







その頃、敵国ジオンシャア少佐は、
アムロたちの「サイド7」へとスパイを送り込んでいました。


そんな大事な任務に新兵2人を使ったシャア少佐。

疑問をいだく部下に、彼が答えるには…





『情報だけでいいのだ

ベテランの兵士では てがらをあせる』



部下も「な、なるほど」と、シャアの読みに感嘆します。








その頃、肝心のスパイ2人組はというと…




手柄あせりすぎ

ジオンの軍服で街中歩くか、普通?





そんな彼らも、サイド7内で秘密裏に進められていた『V作戦』
すなわち、新型モビルスーツの発見に成功します。









首が胴体にめりこんでますが、僕らの『ガンダム』です。





ガンダム破壊のために、彼らはモビルスーツ『ザク』を起動。
民間人をバルカンで撃ち殺しつつ、ガンダムに迫ります。

アムロは、たまたま入手したガンダムのマニュアルを読み、
ジオン軍の殺戮に立ち向かうため、
モビルスーツ『ガンダム』に乗り込みます。





なんか、スイッチ1つでモビルスーツ2体を粉砕してます。

連邦のモビルスーツは化け物ですね。



構えたのは右手なのに、放ったパンチは左手だし…






君は、生き延びることができるか?