■『バイバインの終末』




それでは、まず最初に、各要素を以下のように大ざっぱに定義しましょう。


   ・栗饅頭 … 「直径5センチの球」
   ・宇宙 … 宇宙年齢が137億歳。 直径はその倍。 「約275億光年の球」。

   ・1光年 … 「9兆5000億キロメートル」

   ・栗饅頭の体積 … 「5分ごとに2倍」
   ・「2の10乗」=おおざっぱに「1000」(10の3乗)とする




以上から、

饅頭が、何回目の倍増で、
自分の『 1426 × 10の80乗 』倍の体積を持つ「宇宙」を超えるか?

を求めればイイ事になりますね。

もう値が超絶すぎて何が何やら分からない世界ですが…





…で、計算してみた結果、

『23時間と5分後』に栗饅頭は宇宙体積に匹敵し、
さらにその5分後、宇宙体積を超えるようです。






ドラえもんは、
『それこそ1日で地球が栗饅頭の底に埋まる!』
と言って、のび太を震え上がらせましたが…



この計算結果を見るかぎり、

1日で宇宙が終わる 勢いです。





結論としては、
『出されたものは残さず食べましょう』
という事でよろしいでしょうか? 天国の藤本大先生。







ちなみに、このテキストを書くにあたりネットを調べて歩いてみたら、
いるわいるわ、『バイバインのその後』に興味を持った理数馬鹿どもがww (僕含む



僕と同じような『23時間後の終末』
懸念する者は初歩の初歩。


『無から物質が倍増した時点で、
質量保存の法則に抵触する』

という基礎部分から指摘する者。


狭い範囲に巨大質量が発生することによる
『ブラックホール化』への懸念を語る者。


はては、『ほぼ光速で運動するロケットに載せることで
時間の経過を事実上0にできるので、
それ以上の増殖は起こらない』
という
感動的な解決案に至る豪の者すら現れる始末。


ネットの世界の広さと、科学を愛してやまぬ人々の秘めたる熱さに
己の体温が3度ほど上昇する思いを体験した私です。

(それ以外にも、例えば「瞬間的に物体が2倍になる」ということは、
増殖する体積のキョリを「増えた分子が瞬間的に移動」することになり、
早い時点… というか1回目から光速を超えてしまうという矛盾もあると思うのですが…
見つけられなかったけど、これも多分、誰かが言及しているのではないでしょうか?)








ところで、これを読んだ皆さん。
数学ってキライですか? 物理ってわけ分かんない?

もし嫌いな人は、それを に描いてイメージしたり、
実生活に当てはめて 考えてみてください。

実際には起こりえないような状況すら、理数はそれを
見える形にして君に答えてくれることでしょう!



『サンシャイン60から飛び降り自殺したら、
自分は何秒後に地面に激突するだろう?』

なんて、考えた事あります?


これ、空気抵抗を抜きに考えると、
なんと、7秒以上 も落ちつづけることになるのです。


落下3秒後に後悔したら、
4秒近くも死の恐怖を味わいつづけ、
しかも絶対助からない。

サンシャインからの投身自殺は、
本当に最後の最後の最後の選択肢にすべきだという事実を、
この数字は物語っていますね(笑)





記憶重視の詰め込み授業を受けつづけると誤解してしまいますが、
本来、理数は、生活に密着したすごく身近で楽しいものなのです。

さあ、君も今日からレッツ理数!
見える世界を解き明かそう! 見えない世界を見に行こう!

「ドラえもん」の話だったのに、いつのまにか理数賛歌に… スマソスマソ







『バイバイン』は、てんとう虫コミックス『ドラえもん』、
第17巻に収録されています。